コンテンツへ移動
2013年5月5日 / weblacs

第18号編集後記

◆第18号をお届けする。本号には経済・政治、考古・歴史の各分野にわたる力作を掲載することができた。今回は従来よりも投稿数が多く、それだけ査読の手配も大変だった。厳密な審査のなかで査読者には、投稿者に対して指導教員のように丁寧な助言指導をしていただいた。査読等でお世話になった方々に感謝を伝えたい。残念ながら採用に至らなかった投稿原稿も数点あった。他誌でも同様だろうが、投稿される方にはあらかじめ原稿の完成度を高めておくように配慮をお願いしたい。◆自著紹介は、ジャンルが多岐にわたるように心がけて執筆を依頼し、その目的が達成された。寄稿いただいた方々のおかげで、一層読み応えのある誌面になったと言えよう。読者には、著作を生み出すエネルギーの源や作品誕生の背景・経緯を読み取っていただければ幸いである。◆本号の執筆者や編集スタッフの中にも、今回の大災害で罹災した方々がいる。3.11の影響はいまも各所に渦巻いている。そんな中で編集を終えるにあたり、公論の場としての本誌を継続することができて、ほっとしている。(HA)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。