コンテンツへ移動

第6号(1998年)

論文
ハイチにおける声の文化と民俗学的修辞学の可能性 荒井 芳廣 1-8
ジャマイカの多言語的状況をめぐる言説 鈴木慎一郎 9-16
90年代キューバ、アフリカ系カルトの行方―観光商品化されるサンテリーア― 工藤多香子 17-27
バルバドスにおける自己イメージとしての保守性 石川麻矢子 28-35
民族としてのクレオール―スリナム社会の事例から― 岩田 晋典 36-42
西インド諸島の脱植民地化と地域主義 松本八重子 43-50
研究ノート
The Florence Affair: The method and consequences of pure Crown Colony Government in Jamaica. Alistair Campbell 51-56
海外報告
グレナダ革命を巡る状況 辻 輝之 57-60
オピニオン
異文化混淆都市ニューヨークで綴ったフィールドノート 冨田 晃 61-69
投稿規程・執筆要項 70-72
編集後記 73
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。