コンテンツへスキップ

第22号(2015年)

研究ノート
思想としてのアルゼンチン民俗学—カリーソとロハスの訣別に何を読み解くか 遠藤健太 1-12
酒井和也の翻訳と絵画—移動を続けた帰国二世の軌跡 高木佳奈 13-22
Trade-Labor Linkage in FTA Models: Lessons from the DR-CAFTA United States-Guatemala Labor Case Alejandra María González 23-38
16世紀ペルーにおけるタキ・オンコイの政治・社会的背景をめぐる試論 真鍋周三 39-54
著者自身による新刊書紹介
『メキシコ先住民の反乱—敗れ去りし者たちの記録』 山崎眞次 55-57
『20世紀メキシコにおける農村教育の社会史—農村学校をめぐる国家と教師と共同体』 青木利夫 58-61
『創造するコミュニティ—ラテンアメリカの社会関係資本』 石黒 馨 61-64
『ラテンアメリカ—越境する美術』 岡田裕成 64-67
『MBAたちの中米変革—国際学術協力による地域経済統合』 笛田千容 68-70
『南米につながる子どもたちと教育—複数文化を「力」に変えていくために』 牛田千鶴 70-71
ラテンアメリカ・カリブ関連新刊図書 78-79
執筆要項
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。