コンテンツへスキップ

第23号(2016年)

研究ノート
トリニダード・トバゴのフィリピン人移民―現状と今後の展望 安間美香 1-21
カルロス・ベガの音楽・舞踊研究における「非ナショナリズム」的特質に関する考察 遠藤健太 22-38
Un análisis morfo-sintáctico sobre el tiempo y el aspecto en la lengua maya yucateca Shigeto Yoshida 39-51
現地調査報告
イエズス会士フロリアン・パウケ (Florián Paucke 1719-1780)の遺産―サン・ハビエル(アルゼンチン、サンタ・フェ州)を訪ねて― 武田和久 52-64
著者自身による新刊書紹介
『楽器は語る─スティールパンから津軽三味線まで』 冨田 晃 63-64
『アステカ王国の生贄の祭祀―血・花・笑・戦』 岩崎 賢 64-69
『ラテンアメリカ1968年論』 小倉英敬 67-69
『「野球移民」を生みだす人びと―ドミニカ共和国とアメリカにまたがる扶養義務のネットワーク』 窪田 暁 70-72
『アルゼンチンのユダヤ人―食から見た暮らしと文化』 宇田川彩 72-76
『アンデスの聖人信仰―人の移動が織りなす文化のダイナミズム』 八木百合子 76-78
ラテンアメリカ・カリブ関連新刊図書 79-84
執筆要項
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。